人気ブログランキング |

メイド喫茶に行っちゃったの~!!?

今回はイーさんとジローさんのホントにありそうことを想像しての
お話です~♪
メイド喫茶はどういうのかよく知らなくて、ニュースなどで紹介
されてた映像を元に考えたんで、ちょっと違うかも~^^;



とある場所、イースとジローの変態コンビが待ち合わせをしている。

イース「よ~ジロー来たかww」

ジロー「待たせたなイースwついにこの日が来たな」

イース「ああ!メイド喫茶に乗り込むぜ~ハァハァ」

ジロー「落ち着けイースハァハァ モエ~~~!!」

イース「ふ、お前こそすでに萌えてるなwおkww」


なんと2人はメイド喫茶にいくつもりなのだw



メイド喫茶を探し歩く2人

イース「お、発見。”チコのメイド喫茶”か ハァハァ」

ジロー「よい名だwwさぁさぁ入ろうぜ ハァハァ」

カランカラン ドアを開けて入る2人


(・д・)「おかえりなさいませ~、ちくせう!」

イース「え、おまwゲンゾウ?」

ジロー(いや待てイース!ここにゲンゾウがいるはずないww平常心だハァハァ)

イース(そ、そうだなハァハァ どうやら緊張しちまってるようだぜハァハァ)

(・д・)「なにヒソヒソいってんだww食事にしますか?チコタイトにしますか?」

ジロー「ちょwwなんか聞きなれた単語キターーー!!」

イース「チコタイトするってなんだよ~。できね~って」

(・д・)「しかたないわね。も~、こっちに来なさいよ!藻&犬!」

イース&ジロー「キモティイィィィーーー!!」

イース「これはなかなかのツンデレではないですかなジロー先生ww」

ジロー「イース教授もお目が高い!よいところですな~ここはwホッホッホッ」



(・д・)「注文は決まったのかよwwいかがいたしませう」

イース「ホットコーヒー2つで」

(・д・)「ホッチコーヒー2つだなwwおkww」

ジロー「え?ちょwwホッチコーヒーってなんだ~!!?」

(・д・)「ホッチコーヒーはチコタイトを原料にしたコーヒーに決まってるでしょwwこの素人が!」

イース「うふぇ~、そんなの飲めるのかよ」

(・д・)「おまw私のホッチコーヒーが飲めないってのかww」

イース「いえ飲みまふ~ハァハァ」

ジロー「僕に飲ませて~口移しでハァハァ」

イース「おまwwさせん!!僕にもハァハァ」

(・д・)「この変態ども~、お裁きの時間だよ!!」


             =○ )))3`;)キモティイィィィーーー!!!w 
ォラオラオ!  (#・д・)=○ 
             =○ )))Д`;)エクスタスィィィーーー!!!w




続いて次の店を探す2人

ジロー「ハァハァ アレがメイド喫茶かwすごい破壊力だなww」

イース「ああ、Mのための店とはこういうことかwwハァハァ サイコー!!」

ジロー「よし次いくぞwwおkww」


イース「お、あそこはどうだ?”モエモエコギー喫茶”」

ジロー「おう行こうぜ~!!いかにもモエる名だなwwおkw」

カランカラン ドアを開けて入る2人


ちょちょ「おかえりなさいませ~、お主人様~」

ジロー「キターーーーーー!!!モエ~!!」

イース「モエーーー!!スゴクモエーーー!!」

ちょちょ「モエ!?ソンナコト言ってるから頂点に立てないの!!もぅ・・・モェ」

イース&ジロー「ハァハァ」

ちょちょ「今ハァハァって言ったでしょ!?ハァハァダメだよ!ハァハァハァ ・・・も~こちらへどうぞ~」

イース「い、いかん・・・このままでは萌え死にしてしまう・・・ハァハァ」

ジロー「オレたちの”萌えの臨界点突破”をさせるとは・・・ハァハァ」

イース「ジロー先生、この店はかなりレベル高いですぞww」

ジロー「ですな!イース教授wwいい仕事してますな~w」


ちょちょ「メニュー決まりましたらお呼びくださいね~♪」

そして去際に

ちょちょ「魅惑の挑発ちょちょびぃ~む」

イース&ジロー「!!!!!ウォォォーーー!!」

その瞬間イースとジローのリミッターが外れ、暴走しだした。

イース「特萌えキターーー!!ハァハァ そのびぃ~むモット ハァハァ」

ジロー「むしろ爆モエーーー!!あざ~~~す!!いただきま~~~す!!!ハァハァ」

ちょちょ「キャァァァーーー!!コギー店長!!」

コギー「うん、どM変態発見!!おkwwスイッチオン」

コギーが奥のカウンターで何かのスイッチを押す。

するとイースとジローが座ってたソファに電気が流れた!!

ビリビリビリ

イース「ヒギャァァァーーー!!キモティイィィィーーー!!」

ジロー「エクスタスィィィィーーー!!モットハゲシクーーー!!」

コギー「うん、おkww最大出力ねww」

バリバリバリ

イース&ジロー「キモティイィィィーーー!!最高にハイってやつだ!!ハァハァハァハァ」



こうして2人はMとモエに満足して帰っていったのであった・・・

by kyuzou3190 | 2007-05-04 20:43 | PSUショートコント