キターーー!!

遂に来ました、わたしのロードスター。
今日仕事終わって受け取りに行きましたよ~o(^▽^)o
うは、ピカピカ

で、説明とか受けてたら21時になっちゃった(°O° ;)
それからちょっとだけオープン気分を楽しんだんだけどね。
その気分を一言で言うと

キモティイィィィーーー!!!

って感じですo(*^▽^*)o~♪
今度は明るい時に走りたいな~♪♪

でもまだオーディオつけてないから、さすがにちょっとさびしいね~^^;
土曜にはナビつけるから、明日までガマンガマン><

画像は暗くて撮れなかったから、また今度載せます~。
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-29 22:23

便器テロリスト!その名はギン!!

お助けコギー事務所  第2話


ここはお助けコギー事務所。ガーディアンズ直属の組織で、市民からの

苦情や依頼を受け働く、いわゆる何でも屋である。

この事務所の職員には一つの権限が与えられている。

それは「切り捨て御免」ならぬ、「SUV撃っちゃって御免」である。

そして、今日もまた依頼が舞い込んできたようだ。


アウク「コギっちゃん、依頼来てるよ。同じ内容で何件もね。」

コギー「ふむふむ、どんなの?」

アウクはお助けコギー事務所の職員の一人である。

同じキャストでしっかりもののコギーの相棒だ。

アウク「えっと・・・いろんなところに便器を置いていくテロリストがいるんだって」

コギー「え?便器?なんでそんなものを??」

アウク「理由は不明ね・・・まぁ、ただ置いていくんだから大したことないんやけど・・・なんせ便器だしね」

コギー「そうね~。厳重注意ってとこかな~。SUVで勘弁してあげましょ^^」

アウク「さすが、コギっちゃん!やさし~^^ でも、どうやって捕まえ押えようか?そのテロリスト神出鬼没やし」

コギー「じゃ、アレでいきましょ。」

アウク「アレ?アレってなに?」

かくして便器テロリストの捕獲作戦が開始された。


ここはコロニーにあるとある公園。

そこの真中にピカピカの便器が置いてある。

コギー「ふふふ、さぁこの便器に寄って来なさ~い。新型の便器で釣る。我ながらいい作戦だわw」

アウク「え~、こんなので来るんかな?」


10分後

その便器の近くに一人の男が現れた。

????「こ、これは!!この便器はまさか!!新型の!!」

現れた小柄な男はひどく感動している。

????「この色!ツヤ!輝き!どれをとっても一級品!!最高に萌えってやつだ!」

アウク「え~(゜▽゜;)  ホントに来ちゃったよww」

コギー「作戦成功^^ さ、行くわよ」


その男の前に飛び出していく二人。

コギー「あなたが便器テロリストね!?」

ギンジロー「あぁ、そうだよ。俺が便器テロリストギンジローだ」

アウク「あっさり認めちゃったよ(゜ロ゜)  しかもいきなり便器テロリストつけてるし」

ギンジロー「便器テロリスト・・・まさにオレに相応しい名だ」

コギー「略して便ジローね」

ギンジロー「ヒギャーーーー!!やっぱりそうなるのね~ww」

コギー「そんなことより便ジロー君!便器をどこそこに置いていくのは止めなさい!」

アウク「みんな困ってるんだからね」

ギンジロー「ふ、それはできねぇ相談だな~。便器を世界中にばら撒くのがオレの使命!ギンジローには正しいと信じる夢がある!!」

なんだか分からないが誇らしげだ。

コギー「ハイハイ」

アウク「ふ~ぅ(´Д`) =3」

ギンジロー「ちょww興味持ってww こうなったら一旦便器に座って態勢を立て直すぞ!!」

アウク「おまwwどんだけ便器にこだわり持ってんねん!」

ギンジロー「え!?そこ食いつくんだΣ(゚口゚;」

コギー「も~めんどくさいからSUVでも食らいなさい!!」


コギーがSUVを転送させ、無数のミサイルをギンジローに放った。


ギンジロー「ヒギャーーー!!」

アウク「さすがコギっちゃん、いい仕事してますね~^^」

コギー「これでまた一つの平和が守られた・・・ってあれ?」


爆発の後現れたのは、丸焦げのギンジロー・・・ではなく、無傷のギンジローだった。

コギー「え?なんで??」

ギンジロー「ふはは、これぞ奥義”萌えの零(ゼロ)地点突破”だ」

バーーーンと胸を張る。


説明しよう。

”萌えの零地点突破”とは某漫画に出てきた”死ぬ気の零地点突破”のギンジローバージョンである。

プラスの萌えの力を逆萌えの状態に持っていき、通常の0の状態を越えマイナスの域にもっていくのである。

そのマイナスの分だけ攻撃を吸収してしまうのだ。

と正直よく分からないから、深く考えないでおこう。

簡単に言えば”萌えの零地点突破”=”萎え”である。


ギンジロー「ふふふ、納得できたかな?我が萎えの前ではSUVなど無駄無駄!!」

コギー「ふ~~~ん(*´ρ`*)」

アウク「ふわわ~(´ ▽`).。o♪♪」

ギンジロー「ちょww聞いててww見せ場なんだからww」

コギー「うん、ムリ・・・じゃ、アウくん!」

アウク「うん、コギっちゃん!」

コギー&アウク「二人でSUVよ~!!」

ギンジロー「え!?ちょww二人なの~??」


コギーとアウクはそれぞれSUVを転送させ、ギンジローめがけてミサイルの雨を降らせる。

ドガドガドガーーーン!!!

ギンジロー「ホゲーーーー!!吸収できなーーーーい!!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」


こうしてまたグラールの平和が守られたのであった。





いや~、久々の「お助けコギー事務所」です。

実はこれまだ2話目なのね^^ すでに結構知名度あったり?

今回はギンちゃんです。

ギンちゃんをソロで出すとこんなになっちゃいました~^^;

今度は変態トリオの登場かな?と思ったけどやっぱりあのアフロさんかな。
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-27 21:06 | PSUショートコント

あとがき(* ̄∇ ̄*) エヘヘ

はい、ようやく小説書き上げました~。

いや~、かなり趣味に走った感がありますね~。

なんと言っても、ストーリー進んでな~い(゜▽゜;)

正直ハルルさんと会ったとこ以降はなくてもいいものです。

しかし、なぜ書いたかと言えば、戦闘シーンを書きたかったからです。

わたしの書き方として、まず言わせたいセリフと行動を考えます。

そして、それが繋がるように話を作るわけです。

わたしの戦いをメインにした構成なわけですね~。

わたしには長編ストーリーは向いてないや~^^;

真面目に書くのもむずかしいね~。

情景描写は一切ありません!!場所の表記もなし!!わたしにはムリでした~。

さらに言えば、わたしの話には重大な欠点があります。

それは、「爆弾しかけたのに解除できる猶予がある時限にするはずがない」

ということです。

これを回避するには、それを囮にして医療カプセルなどの証拠を隠滅するとか

考えましたが、ストーリーが進まないどころか後退するので止めました~。

いろいろと穴のある話ですが、どうぞ読んでやってください。
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-23 20:49 | PSU日記

大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は舞う(Act5

Links:十人の中に刻まれる物語

大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は 舞う( Act1 ) written by 大地の軌道 イースレイ

大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は 舞う( Act2 ) written byギンジローの旅路 ギンジロー

大いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は 舞う( Act3 ) written by まったり~日記 ユイ


いなる 螺旋と咆哮の中で 僕は 舞う( Act4 ) written by crescent moon メイファ



前回までのあらすじ・・・

ラピス、てぃらみすはハルルを挑発し、ある施設に導くのだった。

一方目的の野営基地でコギー、アウクと合流するイースレイとジロー。

そして、途中出合ったユイ、ギンも一緒に海底プラントGRM研究所施設

に向かうこととなった。




一同はハルルとの待ち合わせ場所にむかっていた。

相変わらずユイはジローの背中ですやすや寝ている。

しかし、しばらくして背中のユイが「ぅん・・・」と微かに動く。

「うぅん・・・えっ!!」目を覚ましジローに背負われていることに気づいた。

ユイ「キャァァァーーー!!なにやってるのよ~!!」

ジローの頭をゴンゴン殴る。

ジロー「うわwちょwwまってww」

慌ててユイを降ろす。

ジロー「背負って来てやったんだから殴んなくてもいいだろ~」

ユイ「え?えっと~そっかうち力使って倒れたんだっけ??」

イース「そうそう。でももう大丈夫そうだな」

ギン「ユイさん!!心配したぜ~。これで安心だ」

ユイ「ギンあなたも無事でよかったわ。あ、コギーさんにアウクさんも一緒なんだ」

イースとジローがあの後のことを簡単に話して聞かせる。

ユイ「そうだったんだ~。ジローさんさっきは殴ったりしてごめんね」

ジロー「いやいいって。オレの背中でよかったらいつでも貸すぜ」

ジローに他意はない。素直に言ってるのだがここまではっきり言われるとテレてしまう。

ユイ「え、そんな迷惑かけられないよ~」

そう言いながらイースのアフロをむしりだした。

イース「いてて・・・ちょwwむしらないで!!でも、なんだこの感覚・・・キモティイィィィーーー!!」

ユイ「え、あ!!ごめ~ん、つい・・・って、いやぁぁぁーーー!!」

アウク「キャッ!イーさんがおかしくなっちゃった~!!」

ジロー「イースどうした!?チコタイトみたいな顔になってるぞ!!」

コギー「頭はムシクイサボテンだね」

ギン「萎え~ww」

イース「ちょwwおまいらww今回はこんな役じゃないんだからねっ!!ちゃんと戻して!」

ジロー「おまw誰に言ってんだ?」

イース「作者・・・」

コギー「ふ~~~ん」

イース「おまwおねがいww」



そんなこんなで研究所施設近くの待ち合わせ場所に到着した。

と、そこにはすでにハルルが待っていいた。なにやら深刻な顔つきだ。

コギー「ごめんハルルさん、遅れました。待ちましたか?」

皆それぞれに挨拶しする。

ハルル「いえ、いいんですよ。いろいろと考え事してましたから。お菓子・・・いえ、兵糧を食べながら」

コギー「いや、兵糧って・・・言い直したほうが変になってますよ。ま、そんなことより」

ハルル「そうですね。今からみなさんに見せたいものがあります。ご同行願えますか?」

イース「もちろん、そのために来たんだからな」

一同もうなずく。


向かう道中、突然通信が入る。

ガーディアンズオペレーター「大変です、みなさん。今例の施設で調査している研究員が
怪しい人影で見つけたので、その施設をサーチしたことろ、爆弾が仕掛けられています。」

ハルル「なんですって」

オペレーター「研究員はすぐに避難させます。爆弾はおよせ30分後に爆発。そのまま爆発させるか
解除するかはみなさんの判断におまかせします。」

イース「みすみす手がかりを消滅させる手はないよな」

ジロー「ああ!解除してみせるさ」

コギー「わたしとアウクに施設の詳細なマップを転送してもらえる?」

オペレーター「分かりました。今送ります」

アウク「・・・来たわ。なるほど20箇所はあるわね」

ユイ「そんなに!?」

ギン「急ごうぜ」

オペレーター「近くにいるガーディアンズにも連絡を取り、そちらに向かってもらいます。聖霊のご加護を」

皆急ぎ研究所施設に向かう。




施設に入り通路を先に進む。

アウク「あの部屋を抜けた先を起点にみんなばらばらに向かいましょ」

ギン「分かった」


部屋に入り前方の出口に走る。しかしそこには山のように大きいロボットが待ち構えていた。

いきなり攻撃を仕掛けてくる。

アウク「みんな散って!!」

その言葉を合図に皆そのロボの射線上から退避する。

ほぼ同時にロボが撃ったマシンガンが元いた場所をなぎ払った。

イース「な、なんだよこいつ!!」

ジロー「爆弾仕掛けたやつらが置いていったんだろ。大した置き土産だこと」

ユイ「次くるよ!!」

今度はミサイルが飛んでくる。

ギン「ちょww」

皆大慌てて走り、なんとかかわす。しかし着弾の爆発で吹っ飛ばされる。

「うわーーー!!」「キャァァァーー!!」

そんな中コギー、アウクがライフルで攻撃を仕掛けるも、硬い装甲にはダメージを与えられない。

ジロー「ならば接近してぶった斬るのみ!」

接近を試みるジローにこのロボット(アダーナ・デガーナ)は優先して攻撃を仕掛けてきた。

ジロー「ちぃ」

懐に踏み込めない。

ユイ「自動運転なのにいい動きするわね」

このままではジリ貧・・・

ハルル「みなさん、一旦退きましょう」

ギン「え?ああ!」

ジロー「わかった!」

皆元来た通路に走る。通路までは攻撃してこないようだ。

ユイ「これじゃ先に進めないよ」

イース「やっかいだな、時間がないというのに」

ギン「一か撥か突っ込んでみるさ」

ユイ「途中で集中砲火受けるのがオチよ。真っ直ぐすぎるんだから」

コギー「・・・みんなは先に行って」

ハルル「コギーさん何を言って・・・」

コギー「このロボットは人体の熱と動くもの感知して自動で攻撃を仕掛けてくるようね。
わたしがまず突っ込むからみんなは壁際を駆け抜けて」

先の通路は真向かいにある。

ギン「コギーさんだけを戦わせられないよ!」

アウク「そうよ、うちも残るわ」

コギー「だめ、アウくんはみんなをナビして行って。大丈夫よ。わたしにはこれがあるから」

コギーの前に見たことのない大型のレーザーカノンが現れる。

これはGRMの新型レーザーカノンの試作機である。テストも兼ねて銃の扱いに長けたコギーに渡されているものだ。

それでも皆がコギーだけ残るのに反対する中。

コギー「時間がないでしょ。先に行って!!」

一喝する。

確かに時間はない・・・

イース「わかった、任せる!」

ジロー「イース!?くっ、それしかないかっ」

コギー「了解!任されたw後は頼むよw」

ニコッと笑い、試作レーザーカノンを収納し走りだす。

アダーナ・デガーナの攻撃をかわしながら皆から遠くへ誘導する。

アウク「コギっちゃん・・・爆弾はうちらが必ずなんとかする。みんな行きましょう」

ギン「コギーさん、すいません」

ユイ「コギーさんあとでぷにぷにしてあげるね」

ハルル「コギーさんこれが終わったらパフェ奢りますね。必ず生きて」

皆が走り出した動きを感知したアダーナ・デガーナがアウクたちの方に向きを変えようとする。

コギー「あなたはわたしとのデートがあるでしょ。よそ見しないでね」

ドンッ!!グレネード弾をお見舞いし再び自分を標的にさせる。

皆が先に進むのを確認し、

(このまま無視して逃げきることもできるけど、どっちみち倒さなきゃいけないしね)

ここにコギー v.s. アダーナ・デガーナの幕が上がった。




起点となる地点に到着しアウクが指示を出す。

アウク「わたしが爆弾の詳しい位置と解除方法と教えるから、みんなはそれぞれ別の場所に向かって」

ガーディアンズに支給されているバッチには発信機が組み込まれており、近距離ならお互いの位置がわかる。

アウクは皆の位置を頭の中のマップに投影する。

ハルル「分かりました。誘導お願いします」




この試作レーザーカノン(後のラブ・インフェルノ)は強力だが、試作のため問題はある。

連射ができず、また発射時にすごい衝撃をガンナーに与えるため、強靭な肉体でもその後しばらく動けなくなるのだ。

故に撃てるのは一発。これを使うときは必殺でなければならない。

(下手なとこに撃ち込んでもこいつは倒せない。確実に機関部を撃ち抜く!)

しかし、このアダーナ・デガーナは出たり消えたりを繰り返し、なかなか的を絞ることができない。

重量物のレーザーカノンのため止まって構える必要がある。素早い動きには対応しづらい。

(適当に撃って外したらそれで終わり・・・待つのは死のみ・・・か)

(分析するのよ。確実に当てられる一瞬を導き出すしかない!)

(こいつが現れてから今までの動きをトレース、そこからパターンを算出する)

どんな優れたガンナーと言えど、一度発射された弾丸の軌道を変えることはできない。

すべては撃つその瞬間に決まる。

コンマ数秒のタイミングを見逃さず撃たなければならない。

(計算と分析、そして蓄積された経験から結果を構築し、正確無比な命中率を誇る。それがわたしたちキャストだ。)

その間もアダーナ・デガーナからの攻撃が止むことはない。

行動パターンの分析と、攻撃パターンの分析を同時にこなし、どうにか攻撃をかわしている。

マシンガンは走ってかわし、ミサイルはブラスターで撃ち落していく。

その攻防を何度か繰り返し・・・

(よし、分析完了、機関部解明!!次消えて現れたときがこいつの最後よ)

ここまでの戦いで直撃こそないものの、爆風や地面や壁が壊されて飛んできた鋭い石などで体はすでにボロボロである。

実質次が最後のチャンスと思って間違いない。

(消えた)

アダーナ・デガーナが消えた。

次に現れる方向は分かっている。その方向に体を向けレーザーカノンを出し、構える。

迷いはない。目はアダーナ・デガーナが現れる一点を見つめている。

(来た!)

アダーナ・デガーナが現れた瞬間、照準を微調整し、素早くかつ冷静に引き金を引き絞る。

ズギューーン!!という音と共にレーザーカノンからフォトンがほとばしる。

同時にコギーに大きな衝撃が襲い後方に弾き飛ばされる。

そして放たれた流星は鮮やかな尾を引きアダーナ・デガーナの機関部を貫いた。

(よっし!!命中~♪)

転げながらも確認する。しかし体は動かない。

間もなく激しい爆発が起こりアダーナ・デガーナが消滅した。

「ふ~大変だった~。ま、動けるようになるまで20分ってとこかな。少し休もっと」

コギーはどうにか体を仰向けにし、そのまま休止状態に入った。




ジローは走る。なぜ走るのかと問われればこう応えるだろう。

「そこに爆弾があるから」・・・・・・走れジロー!!


すでに一個の爆弾は解除した。

「あと3個は解除する必要があるな」

走るジロー。しかしその先に人影が現れる。

「ほう、ネズミが入り込んでいたか」

「誰だ!」

「貴様が知る必要はない!死ね!!!」

その細身の赤い色をしたキャストはセイバーを抜き、ジローに攻撃を仕掛けてくる。

(速い!)初太刀をセイバーで受け止めるジロー。赤と青の刃が交差し激しい火花を散らす。




部屋に誰かが入ってきた。小柄な女性である。

その女性は周りを見回しその惨状に息を呑む。

「ここでなにがあったていうの・・・」

そして右前方に倒れているコギーを見つけ駆け寄り、声をかける。

「コギーさん、大丈夫?しっかりして!」

その声にゆっくりコギーが目を開く。幾分体力は回復している。

「あら、来てくれたのね。悪いけどまだ動けないの。先に行ってちょうだい」

「うん、わかったわ。すぐ迎えにくるから待ってて」

そう返事をしルナは急ぎ先に進んでいく。




幾度か剣を交わしだんだん相手の姿が見えてきた。

「お前が爆弾を仕掛けたのか!?」

(こいつの姿・・・マガシ!?いや、奴は死んだと聞いている)

「知る必要はないと言ったはずだ」

このキャスト(クローンマガシ)はもう一本セイバーを出し、それぞれの手に逆手に持ち腰を落とす。

そして流れるような動きでジローとの間合いを詰める。

ジローは見たことのない動きに一瞬戸惑い、反応が遅れる。

そこに逆手に持ったマガシの左のセイバーがジローの右脇腹に襲い掛かる。

「ちぃ!!!」

腕だけを動かしかろうじてその斬撃を防ぐ。

しかし次の瞬間ジローの左肩に激痛が走った。見るとそこにはマガシの右手のセイバーが刺さっていた。

すでに右手は順手に持ち変えられている。

「ぐぅっ・・」ここで並みの者なら崩れ落ちるか退くところだが、ジローは反射的にマガシに

膝蹴りを食らわせていた。ドン!!

思わぬ攻撃にマガシが退く。今の膝蹴りは反射、またはビーストの本能とも言うべきものだ。

だがこの本能がジローを首の皮一枚繋ぎとめたと言える。

もし膝蹴りがなければ、次の左の斬撃でジローは殺されていただろう。

しかし、ジローの傷は深く、出血もひどい。

「この死に損ないが」

マガシは止めを刺そうと構える。

その時

「やめろーーーー!!」

叫び声と共に数本の氷の矢がマガシのもとに降り注ぐ。

「なんだと!!」

マガシは退いてかわしたが、さらに上から降りてくる冷気により足が凍らされる。

「ジロー大丈夫?」

「ルナ!?ばか、来るな!!」

「この小娘が!」

不意打ちに怒ったマガシはルナを殺そうと向かってくる。

しかし先ほど足を凍らされ思うように動けない。

さらにルナは前方に氷の壁を作り出しマガシを進行を遮った。

ルナの得意な法撃は氷系である。いかに法撃力に長けた者でも法撃の系統により得手不得手はある。

ルナが氷、イースは雷を得意とする。

ルナならば氷系の法撃のいくつかは詠唱破棄で繰り出せるのだ。

そして作り出した壁をマガシの方向に砕き、無数の氷の刃をお見舞いする。

「なにぃ!」

たじろぐマガシ。その隙を見たジローは力を振り絞りマガシへと突進する。

もう剣を振る力はない。セイバーを持った右手を脇に固定し体ごとぶつかる。

ドンッ!!マガシの脇腹を貫いた。セイバーを手から放しその勢いのまま地面に倒れるジロー。

マガシも数歩後ずさる。致命傷まではいかないが、大きなダメージを受けている。

「ぐはぁ・・・・・・ぐ・・・まぁよかろう。どうせ貴様らには何もできん」

劣勢と見るやマガシはすばやく退却する。

ルナは追わない。それよりも

「ジロー!!」

ルナがジローに駆け寄る。倒れてるジローを抱きかかえ

「しっかりして!今回復の法術かけるから」

そう言って左肩を中心に法術をかける。

「ルナ・・・オレは大丈夫だから先に爆弾の解除を」

「ダメ!こんなに血がでてるじゃない。ほっといたら死んじゃうよ」

事実ジローの出血はひどい。死なないにしても治療が遅れれば重大な後遺症を抱えることになるかもしれない。

「おまえは爆弾を解除しにきたんだろ・・・」

「だったらジローを回復させて手分けしたほうが早いわよ。ちょっとの間だけ大人しくしてなさい」

「ははは・・・口じゃかなわねぇな~」

観念したジローは回復に専念することにした。ルナにすこし体を預ける態勢になる。

「カッコわるい姿見せちまったな」

「なに言ってんの。いつものことでしょ。ホントあたしがいないと危なっかしいんだから」

「おまww・・・はは、そうだなもっと強くならないとな」

ちらと左手の腕時計を見てそうつぶやく。

先ほどの死闘と変わって束の間の穏やかな時間がそこにあった。




ゆっくり走れるほどには回復したジローとルナはそれぞれが爆弾を解除した時通信が入る。

アウク「みんなお疲れ様。爆弾は全部解除されたわ」

皆の安堵の声が聞こえる。

ギン「コギーさんはどうなった!?」

コギー「大丈夫、生きてるわよ」

ユイ「よかった~」

皆でコギーに労いの言葉をかける。

ハルル「ではみなさん、先ほどの地点に集まりましょう。目的の場所に行きますよ」


この先でイースたちは衝撃の事実を知ることとなる。
 
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-23 20:47 | PSU日記

ちょっと、ちょっとちょっと!

こんにちは~♪
今日は写真を中心に簡単に記事を載せたいと思います~。

明日はついにリレー小説を載せる予定です~^^


まずはみんなのアイドルハルルさん。
f0131057_22174223.jpg

この前お部屋に遊びに行った時に撮りました~。
「クィのポーズ」です。(←そのまんまだよwおkw)
ハルルさんほどのナイスバディが「クィ」をするとすごいです。
アレですね、アレ。・・・うん、なんだろう。なんだろう君!!

イーさんが言っていた「なんだろう君」。わたしは知りません。
だれか教えて~ww

さてさてお次は
シンシアちゃんのブログでも載ってますが、(わたしとシンシアちゃん
のブログは相互補完の関係なのだ~( ・∇・)ウフフフフ)
シンシアちゃんがマグロちゃんの双子の妹を作ってきました~♪
f0131057_22275249.jpg

名前はタイちゃん。
二人合わせて魚界のざ・たっちで~す。ちょっと、ちょっとちょっと!!
双子なのに赤身と白身になるなんて・・・
どっちを食べるか迷っちゃうじゃない!
いただきま~す( ̄~ ̄) モグモグ...

f0131057_22314182.jpg

ホントそっくりだね~。ちょっと離れると見分けつかなくなります~♪
このタイちゃん一夜限りの出番なのでしょうか。
今後の活躍に乞うご期待ww
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-22 22:34 | PSU日記

車買っちゃった(^▽^)

はい~、コギーで~す♪
ただいまリレー小説執筆中のため、お助けコギー事務所が休業しちゃってま~す。
もう少しお待ちくださいね~(o^<^)o

さてPSUのネタを話すのもいいですが、今日はみなさんに報告が~!!

わたし新しく車買いました~o(*^▽^*)o~♪

まだ来てないですけどね。来週半ばくらいかな~♪
愛車のVitzから乗り換えで~す。Vitz愛してたんですけどね^^
で、何を買ったかと言いますと~( ´艸`) すごいのですww

なんと!マツダ・ロードスターなのです~(‐^▽^‐)
ZOOM!ZOOM!!

値段も高めということもありますが、なんと言ってもオープンカーです!
割り切らないと乗れない車です。
これを聞いてかなりわたしの性格がわかっちゃうかもf(^^;) ポリポリ

マツダ・ロードスターの特徴として

二人しか乗れない      (あいや~。ま、いいかw)
荷物があまり載らない    (う~ん、買い物大丈夫かな?でもその時はその時よw)
オープンにすると周りから丸見え   (人の視線なんて気にしませんw)

あ、言っておきますけど、速さに興味ないですよ~^^ 
のんびりオープン気分を味わいたいな~って感じです(*'‐'*) ウフフフ♪

買ったのは一番低いグレードなんだけどね。
結構値引してもらいました~(@^∇^@)
この手の車はあまり値引きしないと言われたんですが、セールスマンさんいい人で
(わたしの押しも効いたかな^^?)21万5千円の値引き引き出しました~!!ウヒャ~
うまくいったからナビとETC着けちゃお~っとww

納車が待ち遠しいです~♪桜が咲いてるところを走りたいな~^^
ロードスターの記事反響が大きければまた書くかも~


おまけ:睦月ちゃんに斬られたグリグリ
f0131057_21323848.jpg

完全にグサリいってます。睦月ちゃん飛んでます!!
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-19 21:34

どこをグリグリ?

こんにちは~♪

みれんさんがわたしのブログのバナーを作ってくれました~☆
f0131057_20424965.jpg

ホントうれしいo(*^▽^*)o~♪ ありがとう、みれんさん!!

みれんさんのブログはわたしが初めて”書き込み”という行為をした記念すべきとこです。
もちろんその時は会ったことなかったし、初めて書き込みするときはドキドキでした^^
みれんさんに会えたのはそれから2ケ月くらい後でしたね~。
そして一気に友達の輪が広がりました^^ ホント感謝してるよ♪(o^<^)o



さて、PSUですが、昨日の冒険も楽しかったですね~。
紅のナントカに行って、ドラゴンを倒した後のことです。
f0131057_2104411.jpg

グサッ
マグロちゃんとシンシアちゃんの指が刺さった~(°∇°;) !!
指銃(シガン)だ~!!
どうやらCP9の刺客が入り込んでいたようです><

その後、解散してしばらくシンシアちゃんに捏造の仕方(ゲフゲフ) 
じゃなくて画像の加工とかを教わりました~^^

そしてわたしが「グリグリになろうかな~」って言ったら、シンシアちゃんが
変な行動に!!
f0131057_2112524.jpg

(いろんな意味で)こらこらww
なんてかっこしてるのww どこでしてるのww なんでグリグリ?ww
いろんなツッコミどころがありました。

ちなみに、グリグリとはわたしの2ndキャラですよ。こちらもよろしくね♪
f0131057_21162617.jpg

[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-16 21:17 | PSU日記

ジローさんってこんな人!!

この前はジローさんの変態な面をお伝えしましたが、
みんなのジローさんに対する見方が変わり過ぎるのもかわいそうだから、
今日はちょっとフォローをしたいと思います\(^▽^@)ノ

お助けコギー事務所はアフターケアも万全なんです!!

昨日シンシアちゃん、雪華さんたちと炎のミッションに行って、解散するとき
シンシアちゃんと一緒にジローさんの部屋に捏造記事を書くため(ゲフゲフ) 
じゃなくて、お話ししに行こうということになりました^^

そしたら・・・・
そこにはジローさんがOlgaさん(キャストになっちゃってました)を
お姫様抱っこしてる姿が(°∇°;) !! キャァァァーーー!!
f0131057_2241034.jpg

この態勢ってジローさんがキョロキョロ顔を動かして左を向くと、
ホントにOlgaさんにキスしちゃうんだよね~(*--*)ポッ
マッタク・・・何人の女性に手を出してるんでしょ。も~サイテーww

そして、それでも飽き足らず一緒に来ていたシンシアちゃん(睦月ちゃん)を
むりやり引き込んでしまいました・・・あぁ・・・
f0131057_2248275.jpg

二人の助けを呼ぶ声が・・・あぁ・・・
その後しばらくジローさんは放してくれませんでした。も~サイテーーー!!

これが普段のジローさんなんです。
みんなわたしのショートコントに惑わされないでね^^

いや~、いいフォローしたわ(o⌒∇⌒o)


そして、わたしにアデージョ妹ができました~o(^▽^)o
f0131057_2254229.jpg

アデージョ姉妹って呼んでね^^
二人ともお餅を頭に乗せてるしね~♪
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-14 22:58 | PSU日記

お助けコギー事務所ここにあり!

お助けコギー事務所 第一話


とある日。

プルルルルルーーー ガチャ

コギー「こちらガーディアンズ直属お助けコギー事務所です♪」

スイ・モア「こんにちは、コギーさん。お仕事がんばってますね^^」

コギー「スイさ~ん^^ いえいえ~スイさんこそ忙しそうじゃない^^ で、今日はどうしたの?」

普段電話なら携帯にかけてくるのが、今日は事務所にである。依頼とみて間違いなさそうだ。

スイ「うん、今日は相談があって電話したの~」

コギー「うんうん、何?お助けするのがわたしも役目だもん、どんどん言って~」

スイ「えっとね、実は・・・わたしが通ってるダンス教室にジローさんが来てるの・・・」

コギー「え、またジローさん女の子見に行ってんじゃないでしょうね~ッタク」

スイ「ううん、真面目に練習してるんだけどね・・・なんてゆうか~」

コギー「うん、詳しく話してみて」

スイ「えっと、あれは1週間前のことね」


1週間前のダンス教室

一心不乱にダンスの練習をしているスイがいる。あとこのフロアに10数名程度。

女の子が多いようだ。

ダンスの先生「みんな集まって~。今日から一人仲間が入ります」

ざわわ、ざわわ、ざわわ~♪ じゃなくて、ざわざわ・・・

ダンスの先生「さ、入ってらっしゃい」

ジロー「こんにちは、ジローです。よろしく!」

とそこに現れたのは、真っ白の全身タイツで身を包んだジローだ。

ここでは、詳細な描写はあえて避けるが、読者のみなさんは全身白タイツのジローさんを想像してもらいたい・・・

とにかくその姿は想像を絶するでしょう。

案の定・・・

「キャァァァーーーー!!変態よ~ーーー!!><」

そこここで悲鳴があがる。

ジロー「ハァハァ エクスタスィィィィーーー!!」

なんだかわからないがMである。

先生「ジ、ジロー君、わからないことがあったらスイに聞きなさい」

先生もなんとなく投げやりだ。

スイ「え、え~!!!」

ジロー「スイさんモエ~(゜▼゜*) ハァハァ」

スイ「いやぁぁぁーーー!!」


再びコギーとスイ

スイ「そしてそれからずっとそのタイツ着てきてるの」

コギー「なるほどね~。変態だね、うん」

スイ「コギーさん、どうにかして~><」

コギー「うん、わかったよ^^ まずはSUVウェポン撃ち込むね」

スイ「え、まずはって、いきなりSUV?」

コギー「もちろん!!千里の道もSUVからって言うじゃない?」

スイ「そうだね。お願いします~」

コギー「では作業開始」

カタカタカタ・・・・・


10分後・・・道を歩くジロー

ジロー「今日もダンスの日だな~。オレの肉体とあのタイツで今日も女子の視線を釘付けだぜ~!分かってるんだぜ、みんなオレにメロメロだってな~フォーーー!! お、コギーさんからメールだ」

[こんにちは~、ジローさん♪ダンスがんばってるようだから、今日はプレゼントを贈るね^^]

ジロー「コギーさんモエ~(゜▼゜*) 今度コギーさんにもオレのタイツ姿を見せないとな。ハァハァ・・・あ、まだ続きがある?」

[なおこのメールを読んだ後は、自動的にSUVウェポンが照射されます]

ジロー「えwwちょwwスパイ大作戦キタこれ!!」

キラッ 上空で光が煌いた瞬間、ジローのもとへ光の矢が降り注ぐ。

ズドーーーーン!!

ジロー「ヒギャァァァーーー!!エクスタスィィィィーーー!!モット ハァハァ」

なんだかわからないがドMである。


その後SUVを受け地面でのびているジローの横になにか転送されてきた。

それは、胸と背中に「じろー」と書かれた布が縫い付けてある赤のジャージである。

メモも添えられている。[これを着て練習に励んでね^^♪]


こうして今日もお助けコギー事務所の活躍により一つの平和が守られたのだった。

みなさんもなにかあったときにはぜひお助けコギー事務所に相談を!!

わたしがちゃんとSUVを撃ってゲフゲフ じゃなくて、ちゃんと問題を解決しますよ~^^

これからもよろしくね~。
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-12 22:28 | PSUショートコント

リンク貼れたYO~!!

やっとお友達のブログへのリンクの貼り方が分かりました~(≧∇≦)/
ふぃ~。ヨカッタヨホンマ
これでみんなのを貼れるよ~。

昨日は実家に帰ってまして~、夜暇だからネットカフェに行っちゃおうと思い立ったわけですよ~。
アイテム交換もしたかったしね^^
で、始めてみたらなんと!パッドがないよ~(°O° ;)
しかたなくキーボードで操作しました~。

でも、それがやりにくいのなんのって( ̄□ ̄;)
メニュー開くのにShift+F1とか押すんだけど、うっかりそのままF1押して何度かショートカット発動!!誤爆しちゃった。
SUVウェポン呼び出すセリフ言ったりね~><
しかもその場はクオレさん主催のフリーマーケットで人がたくさんの時^^;
恥ずかしかったよ~(//∇//)  すぐさま「キャァァァーー」で上書きしたからバレてない?
ないよねタブン・・・

てことで、今日はこのへんで~。
明日はショートコント書きますよ~。
「お助けコギー事務所 第一話」お楽しみに~^^/
[PR]

by kyuzou3190 | 2007-03-11 20:07 | PSU日記